実践すべきポイント

愛用のカメラは個体差こそあれど、使用歴相応の経年劣化が否めません。売り主である私たちエンドユーザーは少しでも高額の現金化を望み、買取業者側は1円でも安価な買取で商品を確保したいという気持ちがあります。

一番レフ双方真逆の希望が歩み寄らない限り、商談は成立しません。買取業者側は基本受け身ですが、最終価格を提示する権利を持ち、それに同意するか拒否するかの決定権は売り主という、複雑なパワーバランスに基づき、買取交渉が展開されます。

ここで、売り主側が主導権を握る上で鍵となるには、極めてシンプルな「第一印象」に他なりません。買取業者もカメラ好きが高じた人たちの集まりです。持ち込まれた、汚れが付着したまま、乱雑な梱包状態であったとすれば、それが査定額にマイナスの影響とならないとは限りません。当然再販に際しては、調整と掃除が施されますが、買取査定額はあくまで「現状」に対しての提示です。

手元に残っている付属品は全て揃えて提示し、購入時のパッケージや取扱説明書などの有無も重要です。また可能な限りの最後の手入れを施し、梱包にも万全を期すなど、売り主の愛情が感じられる対処を心掛け、高額査定に繋げるべく、実践すべきポイントは少なくありません。